ここから本文です

【速報】錦織 逆転勝ちで全仏OP3年連続初戦突破、苦しむも21歳破る<男子テニス>

5/31(水) 0:14配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第8シードの錦織圭が21歳のT・コキナキス(オーストラリア)を4-6, 6-1, 6-4, 6-4の逆転で下して3年連続6度目の初戦突破を果たし、四大大会初優勝へ向けて前進した。

【錦織vsシャーディ 1ポイント速報】

この日、初対戦のコキナキス相手に錦織は第3ゲームでブレークを許し、自身は4度のブレークチャンスをいずれも活かせずに第1セットを落とす。

しかし、徐々にペースを上げてきた錦織が第2セットで2度のブレークに成功し、セットカウント1-1に。続く第3セットでは、ポイント獲得時に雄叫びをあげて自身を奮い立たせ、コキナキスのサービスゲームを2度破って2セットアップと王手をかけた。

その後、第4セットの第5ゲームでブレークに成功した錦織は、コキナキスの挽回を許さず、勝利を手にした。

2回戦では、世界ランク74位のJ・シャーディ(フランス)と対戦する。両者は今回が8度目の対戦で、錦織の5勝2敗。直近は今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)2回戦で、その時は錦織がストレートで勝利している。

近年、グランドスラムの前週にはツアーへ参戦していなかった錦織だったが、右手首の怪我により満足のいく試合数をこなせていなかったため、最終調整として前週のバンク・エリック・ストゥルザ・ジュネーヴ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)にワイルドカード(主催者推薦枠)で急遽出場し、ベスト4へ進出していた。

過去の全仏オープンでは、2015年に日本男子で1933年の佐藤次郎以来82年ぶりとなるベスト8進出の快挙を達成。昨年は4回戦でR・ガスケ(フランス)に敗れた。

順当に勝ち進んだ場合、錦織と対戦する可能性があった第9シードのA・ズベレフ(ドイツ)と第27シードのS・クエリー(アメリカ)がいずれも同日の1回戦で敗退。錦織が準々決勝までに対戦の可能性があるのは、第22シードのP・クエバス(ウルグアイ)のみとなった。

その他の日本勢では、予選勝者のダニエル太郎が2年連続の2回戦進出、世界ランク77位の杉田祐一は第25シードのS・ジョンソン(アメリカ)に敗れて初戦敗退となった。

tennis365.net

最終更新:5/31(水) 5:55
tennis365.net