ここから本文です

【インタビュー】WINNER、新体制で約1年ぶりにカムバック! 旬のダンスサウンドを取り入れた最新曲で「新しい僕たちの姿を見せたい」

5/31(水) 12:33配信

トレンドニュース(GYAO)

K-POPの人気ボーイズグループ・WINNER(ウィナー)が、約1年ぶりに新曲をリリースする。WINNER初の日本シングルとなる「FATE NUMBER FOR」(5月31日発売)は、「REALLY REALLY」と「FOOL」の2曲を収録。メンバーが5人から4人へと新体制になり、少し不安な思いを抱えながらも、新しく伝えたかったサウンドについて語ってくれた。

【ミュージックビデオ】新曲「REALLY REALLY」配信中>>

■久しぶりのカムバックに「幸せ」

カン・スンユン(ボーカル)以下スンユン: 「『FATE NUMBER FOR』は、WINNERのメンバーが5人から4人になって初めてのシングルです。先にリリースされた韓国では、何週間にも渡って10位以内にランクインしたので、日本での反響も期待しています。『僕らの新しい音楽の完成度はどうかな?』『日本のファンにも気に入ってもらえるかな?』と、ちょっとだけ心配する気持ちもあります。日本のファンの方たちも同じ気持ちなのかもしれません。でも、久しぶりに音楽にカムバックできて幸せですね」

イ・スンフン(ラップ)以下スンフン: 「韓国での反響は、僕たちの予想以上だったんです。ファンの方たちが、僕たち以上に新曲のリリースを待っていてくれたようで、すごくうれしかった。僕らは、スローテンポなバラード曲『EMPTY』という曲でデビューしているので、そのイメージが強いかもしれません。でも、アップテンポな新曲『REALLY REALLY』を日本の皆さんにも、ぜひ好きになってもらいたいです」

■新曲は新たな恋のときめきを表現! 中毒性あるリフレインメロディーも

スンユン: 「『REALLY REALLY』は、4人体制になった新しい僕たちの姿を見せたいと思って作った曲です。メンバーみんなが作詞・作曲に参加しています。僕らの世代の恋愛や若さも表現したくて、今までよりも踊れて、クールな曲に仕上げました。近年、世界的にクラブDJたちを中心に盛り上がってきている夏にぴったりのサウンド“トロピカルハウス“の要素も取り入れています。
まず、僕が曲の制作に取りかかっていたんですが、メンバーのみんなに歌ってもらいたいと思っていた大サビの部分がなかなか作れませんでした。本当に難しくて行き詰ってしまったので、ミノくんにSOSを出したんです。すると、あっという間に解決してくれて、魔法をかけてくれたみたいでした(笑)」

ソン・ミノ(ラップ)以下ミノ: 「そのとき、僕は忙しかったんですけどね(笑)」

スンユン: 「(笑)ミノくんが、4人の声のバランスを考えて作ってくれたので、サビの部分は4人全員で歌っています。ジヌくんが『愛してる』と歌うところは、曲中のキラーパートです(笑)。レコーディングのとき、僕らの事務所の女性スタッフたちも現場にいたんですが、ジヌくんが『愛してる』と歌うと『キャー!』と黄色い声がすごかったです」

キム・ジヌ(ボーカル)以下ジヌ: 「女性の歓声を浴びながらレコーディングできて、うれしかったです(照笑)」

スンユン: 「スンフンくんのラップパートは、メロディーもスンフンくん自身がいろいろ考えて作ったんです。僕はこのメロディーを聞いたとき、思わず『やった!』と言ってしまったくらいカッコよくできました。でもスンフンくんは、淡々と『良かったね......』と答えて、本当にクールでした」

スンフン: 「そのとき、僕も忙しかったんです(笑)」

1/3ページ