ここから本文です

1歳半健診では何をする? 項目や持ち物をチェック!

5/31(水) 12:02配信

ベネッセ 教育情報サイト

お子さまは1歳半~2歳の間に、市町村の1歳半健診を受けます。これまでの乳児健診と1歳半健診は検査項目も異なってくるため、「どんなことをするのだろう」と不安に思う保護者のかたも多いでしょう。「順調に健康に育っているだろうか」と心配になることもあるかもしれませんね。
今回は1歳半健診について、持ち物や流れ、検査項目などをご紹介します。

1歳半健診とは? 健診の位置づけと目的

1歳半健診は、正式には「一歳六か月児健康検査」といいます。以下で位置づけと目的を確認しましょう。

◆健診の位置づけ
1歳半健診は母子保健法によって、市町村が行うことが義務づけられている定期健診です。もし指定された日時に都合がつかない場合には、日程を変更したり受診場所を変更したりできるか、最寄りの役所や保健センターに相談してみましょう。
対象は満1歳6か月を超え満2歳に達しないお子さますべてで、料金は無料です。

◆健診の目的
1歳半健診では、運動機能や視聴覚など身体の成長と、精神発達の度合いをチェックします。それにより、お子さまの発達状況を把握するとともに、先天性疾患や精神発達の進度などの問題を早期発見し、適切に指導・対応することで心身障害の進行を防止することが目的です。
また健診のなかで、生活習慣や虫歯の予防、栄養や育児について指導し、お子さまの心身の健康を保持・増進することも目的のひとつです。
さらに、保護者のサポートをするという大事な目的もあります。保護者が医師や保健師など専門家に心配事や悩みなどを相談できる場でもあるのです。

1歳半健診の持ち物は?

健診の持ち物は市町村からの通知で指定されますが、一般的には以下のようなものが必要です。直前に慌てないように準備しておきましょう。

・母子健康手帳
・健康保険証
・乳幼児医療費受給者証
・記入した問診票
・虫歯予防指導のための歯ブラシ
・オムツとオムツ替えセット(汚れ物を入れるビニール、オムツ替えシート、おしりふきなど)
・水筒など水分補給セット
・筆記用具
・ウェットティッシュ
・タオル(防寒や汗・よだれ拭きのため)

待ち時間が長くなってしまうことや、健診が集団で行われる場合には、慣れない環境や人の多さでお子さまがぐずってしまうことがあります。そこで、お気に入りのおもちゃや絵本などを用意しておくと安心です。
また、心配な点や気になることなど医師や保健師に聞いてみたいことをまとめたメモを用意しておくと、聞き忘れることがないのでおすすめです。

1/3ページ