ここから本文です

貧打西武、好投の野上見殺し 交流戦4年連続の黒星発進

5/31(水) 7:06配信

西日本スポーツ

 ◆西武0-5広島(30日・メットライフドーム)

 本拠地のスコアボードに9個の「0」が並んだ。球場の半分以上を埋めたカープファンの歓声が耳障りだ。西武が昨季のセ・リーグ覇者相手に完敗。これで4年連続の交流戦黒星発進となった。「3回までのチャンスで先制していれば分からなかったけど…」。3連敗の辻監督は、好機を逸し、好投の野上を見殺しにした貧打を嘆いた。

【写真】西武が限定ユニホーム 赤を基調の「炎獅子」

 初対戦の広島薮田に対して初回、2死から一、二塁としたものの、栗山が空振り三振。その後も3回までは毎回得点圏に走者を進めたが、最速156キロの直球にシュート、カットボールを交えられ、要所を締められた。「(薮田は)的が絞れなかった」と辻監督も首をひねった。広島打線が3回まで完璧に封じられながらも、最初の好機となった4回に先制点を挙げたのとは対照的だった。

 辻監督は小城市、広島の緒方監督は鳥栖市と、ともに佐賀県出身。この日は「佐賀さいこう! 同郷監督対決!」と銘打って開催された。西武球団によると、同県出身監督同士の対戦はプロ野球史上初という。まずはセ首位の力を見せつけられた格好となったが、残り2戦で意地を見せる。

西日本スポーツ

最終更新:5/31(水) 7:06
西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(日) 8:45