ここから本文です

【いちはらアート×ミックス】「市民の芸術祭実現」 小出市長、一定の成果示す

5/31(水) 11:03配信

千葉日報オンライン

 千葉県市原市の小出譲治市長は30日の定例記者会見で、先ごろ閉幕した芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」について「前回(2014年3~5月)から大きく形を変え、市民参加型の新しい芸術祭が実現できた」と述べ、一定の成果があったとの認識を示した。

 外部のアーティストのほか、市民らも「地域プロジェクト」の中で作品展示などを行い、人が人を呼んだ今回の芸術祭。来場者数は精査中だが、「前回を上回る見込み」といい、その要因は運営協力も含めた「市民の力のおかげ」とした。

 全体を通じて「『おらがまちの芸術祭』というのが浸透してきた」とも振り返った小出市長。次回開催を巡っては明言を避けたが、「今回の芸術祭をしっかりと検証した上で、その先を見つめたい」と説明した。

 今回の芸術祭は4月8日~5月14日、市南部の里山で開催され、多くの来場者がアートと共に地域の魅力を満喫。過疎化が進む地域は、再び活気に包まれた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ