ここから本文です

「女性宮家」創設検討 自・民が合意

5/31(水) 13:22配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

天皇陛下の退位を実現する、特例法案の付帯決議案について、自民党と民進党は「女性宮家」創設を検討するよう、政府に求めることを明記する案で大筋合意した。
付帯決議案は、29日、衆議院の議院運営委員会の佐藤委員長が提示したもので、「女性宮家」創設の検討が盛り込まれている。
政府が検討を始める時期は「法施行後速やかに」とされ、民進党が早めるよう求めていたが、最終的に受け入れる見通し。
両党の大筋合意を受けて、特例法案は6月1日の議院運営委員会で審議され、6月2日の本会議での採決を経て、参議院に送られる見通し。

最終更新:5/31(水) 13:22
ホウドウキョク