ここから本文です

「ごみゼロ」目指し啓発 郡山で3Rフェスティバル開幕

5/31(水) 10:52配信

福島民友新聞

 第25回ごみゼロキャンペーン・3Rフェスティバル2017は30日、福島県郡山市で開幕した。参加者がJR郡山駅周辺で啓発キャンペーンを展開、ごみのポイ捨て防止などを呼び掛けた。
 実行委員会(会長・菅野篤福島民友新聞社取締役郡山総支社長)の主催、同市と福島民友新聞社の共催、同市教委、福島中央テレビ、読売新聞東京本社福島支局などの後援、郡山女子大短期大学部、ショッピングモールフェスタの協力。
 同フェスは、ごみ減量やリサイクルなどに対する市民の意識啓発を図るため実施。「ごみゼロの日」(30日)にちなみ行われた。8団体から約150人が参加、班ごとに同駅周辺でごみ拾いを展開した。駅利用者らにポケットティッシュや携帯灰皿などの啓発グッズも配った。

福島民友新聞

最終更新:5/31(水) 10:52
福島民友新聞