ここから本文です

ドルトムント、トゥヘル監督の解任を発表 選手の人心掌握に失敗か

5/31(水) 7:07配信

theWORLD(ザ・ワールド)

香川の去就にも影響か

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは30日、トーマス・トゥヘル監督を解任したと発表した。

現行契約を1年残した状態で解任の憂き目に遭ったトゥヘル監督。今季はブンデスリーガで首位バイエルン・ミュンヘンに大きく引き離されてしまったものの、来季のUEFAチャンピオンズリーグ(以下UCL)の本選ストレートインやDFBポカールの制覇など、一定の成果を収めていた。しかし、複数の布陣や戦術を使い分ける手法が選手たちの不評を買い、ある選手が匿名で同監督の采配を批判したという疑惑が複数のメディアで報じられたほか、DFBポカール決勝でヌリ・シャヒンをベンチ外とした人選を主将のマルセル・シュメルツァーに公然と非難されるなど、選手の人心掌握に失敗していたことを露呈した。

また、4月に行われたUCL準々決勝1stレグ開始前にチームバスが爆破襲撃を受けた事件で、自身やチームに意見を求めることなくUEFA(欧州サッカー連盟)が事件翌日の試合開催を決めたとして、同監督が不満を露わに。しかし、一連の決断はクラブ首脳陣とUEFAが協議した結果下されたものであることが後に複数のメディアで明かされるなど、同監督とクラブ上層部との間で確執が生じている可能性も取り沙汰されていた。

思わぬタイミングで監督交代が行われたドルトムント。これまでコンスタントに出場機会を得ていたとは言い難い香川真司の去就にも関わる事態が発生したが、同選手はどのような決断を下すのだろうか。また、一定の戦績を残した指揮官の解任に踏み切ったことで、今後の監督人事が大いに注目される同クラブだが、首脳陣は現状にふさわしい後任を連れてくることができるだろうか。今後の動向から目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp/

Yahoo!ニュースからのお知らせ