ここから本文です

【インタビュー】ストイックでプロフェッショナル、まるでアスリートのようなライヴをこなすOKAMOTO'S そのステージ裏は!?

5/31(水) 19:35配信

トレンドニュース(GYAO)

OKAMOTO'Sの「ライヴ」を音源と映像の両方で堪能できるライヴ・アルバム、その名も『LIVE』が5月31日にリリースされる。本作は、キャリア初となる47都道府県ツアー「OKAMOTO'S FORTY SEVEN LIVE TOUR 2016」からの音源に加え、オカモトショウがツアー中に急遽制作したファンとの絆を歌った新曲「ROCKY」を収録。さらに、ツアーファイナル公演(2016/10/29日比谷野外大音楽堂)を全曲収録したBlu-rayが同梱(どうこん)されている。

【LIVE映像】OKAMOTO'S 「Beautiful Days」(『OKAMOTO'S FORTY SEVEN LIVE TOUR 2016 at日比谷野外大音楽堂』より)>>

メンバーそれぞれの課外活動も精力的に行うなど実力派ぞろいで知られるOKAMOTO'S。長丁場となった今回のツアーではどのような日々を過ごしたのだろうか。各地での思い出やエピソードなど、ざっくばらんに語ってもらった。

■正直、ツアー中の方が生活がのどかなんです(レイジ)

――キャリア初の47都道府県ツアーをやってみて、率直な感想からお聞かせください。

ハマ: 思ったよりもあっという間でした。「まだ終わらないのか......大変だな、嫌だな」という空気には全然ならなかった。たまには「今日は家に帰って寝たい」とか、頭をよぎった日もありましたけど(笑)、僕らはツアーが向いているんだなと思いました。

レイジ: 三重県に行った時のメシがものすごく印象的でした! 松阪牛を出す老舗の「牛銀」というお店の別店舗で、「洋食屋牛銀」というランチを出すお店がありまして、そこの牛丼が信じられないくらいおいしかった......。思わず2DAYS行ってしまいました(笑)。「食事といえば、北海道か福岡」ってよくいいますけど、まさか真ん中の三重県にぶっちぎりのお店があったとは。松阪はライヴの打ち上げで行った居酒屋もものすごくおいしかったし、大発見でしたね。


ハマ: いきなりご飯の話?(笑)でもそれで言うと僕たち、去年一番『ハードオフ』に行ったバンドかもしれないです(笑)。20カ所くらい行ったかな。若干『ハードオフ・ツアー』ともとれるツアーになっていましたよ。

――(笑)。それは中古楽器、中古機材巡りというわけですね。収穫はありました?

コウキ: 僕はテルミンを購入しました。しかも「BROTHER」というステッカーが貼ってあって。ちょうど同じタイトルのシングルを出したばかりだったので「これはもう買うしかない」って。福井県だったのですが、MCの時に、わざわざテルミンを出してもらって僕が演奏するという誰も喜ばない謎のコーナーを急遽(きゅうきょ)設けてもらいました(笑)。

――逆につらかったことは?

ハマ: 基本的にツアーは車移動で十数時間乗っていることも何度かありました。確かにそれでお尻が痛くなったりもしたんですけど、それも「無の境地」になっていれば何とかなります(笑)。

ショウ: 先日アメリカに行ったんです。ボストンでライヴをやったあとに、ニューヨークでレコーディングをして。飛行機に14時間くらい乗っていたのですが、ものすごく短く感じました(笑)。「なんて近いんだ、海外は」って。

1/3ページ