ここから本文です

元風俗嬢が語る“良い風俗嬢の条件” 「『私が私が』っていうタイプはダメ」

5/31(水) 12:00配信

AbemaTIMES

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送され、“ブス枠”のゲストで元風俗嬢の永井はるかが語った“良い風俗嬢の条件”に、おぎやはぎの2人が納得する一幕があった。

 永井は「モデル風情のココがムカつく」というテーマに話が及ぶと、「店にもモデル風情の同僚がいた」と告白。「パステルカラーの洋服を着たり、『アタシかわいいでしょ』という雰囲気を出していたけど、実際に人気があるのは地味系な人だった」と明かした。

 そんな永井自身は「顔にモザイクがかかっていたので最初はなかなか選んでもらえないけど、接客がいいのでリピーターが多かった」と人気をアピール。そこで小木は「メンバーの中で(風俗嬢に)向いているのは誰かな」と質問。永井は芸人・後藤奈央とホンコン似の岡本美樹を挙げ、「しゃべり方がおっとりしているのと、男の人の話をよく聞きそうなところがいい。男性は癒しを求めていて、トーク目的ということもあるから」と理由を説明した。小木は「ホンコンさん(岡本)は、確かに一緒に話をしていると落ち着きそう」と同意。岡本は「じゃあきょう、どうですか」と小木を誘い、矢作は「なんでおぎやはぎのどっちかと必ずやろうとするんだ」とあきれ顔を浮かべていた。

 一方、風俗嬢に向いていないタイプとして、永井は「『私が私が』っていうタイプはダメ」と説明。その理由を「シャイな男の人が多いのと、男の人は自分自慢を聞いてほしいから」と言い、グイグイとアピールする女性では男性が引いてしまうと語った。矢作は永井のクロックススタイルを眺め、「やっぱりテレビに(気合を入れすぎた服装ではなく)クロックスで出るような人の方がいいんだね」「(テレビにクロックスなんて)信じられないけどね」としみじみコメントした。

(AbemaTV/『おぎやはぎの「ブス」テレビ』より)

最終更新:5/31(水) 12:00
AbemaTIMES