ここから本文です

齊藤工監督×高橋一生主演『blank13』、来年2月に公開決定

5/31(水) 18:00配信

ぴあ映画生活

俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で長編映画の初監督を務め、主演に高橋一生を迎えて制作された『blank13』が、来年2月3日(土)よりシネマート新宿にて限定公開されることが決定した。

本作は、放送作家のはしもとこうじの実話を基にして制作され、本年度のゆうばり国際ファンタスティック映画祭にてゆうばりファンタランド大賞作品賞を受賞。

13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まるある家族を題材にした物語を描く。主人公・松田コウジ役を高橋一生が、その彼女役に松岡茉優、失踪した父親役にリリー・フランキー、母親役を神野三鈴が務める。また、監督の齊藤自身も主人公の兄・松田ヨシユキ役で出演する。


その他、音楽監督は俳優・ミュージシャンとして活動する金子ノブアキ、スチール撮影はレスリー・キーが務めている。齊藤監督は「私がこの作品に対してした事と言えば、はしもとこうじ氏のとっておきの物語を映画にしたいと言い、身に余るスタッフ方・キャスト方に集まって頂き、それをワクワクしながら特等席で見ていた、ただの我儘おっさん傍観者です。映画とは、やはり映らない部分にも沢っ山のドラマがある事を、身を以て体感しました」と作品を撮り終えた感想を述べた。

また、監督に対し、主演の高橋は「映画に向ける静かな熱情を常に現場で感じていました。お芝居をしっかり見てくださっていたので、技術的な事を敢えてしない臨み方が出来たと思っています」とコメントしている。

『blank13』
来年2月3日(土)シネマート新宿にて限定公開

最終更新:6/1(木) 10:16
ぴあ映画生活