ここから本文です

保険金目的か 50代男性が車にはねられ頭の骨折る重傷 殺人未遂で男2人逮捕 佐賀

5/31(水) 20:07配信

佐賀新聞

 交通事故に見せかけて佐賀県佐賀市内に住む50代男性を殺害しようとしたとして、佐賀県警捜査一課と佐賀南署は31日、殺人未遂の疑いで、福岡県柳川市三橋町中山の容疑者(65)と、同県みやま市高田町濃施の容疑者(70)を再逮捕した。男性には生命保険が掛けられており、保険金目当ての犯行とみて捜査している。

 逮捕容疑は共謀して昨年8月25日午前0時半ごろ、佐賀市諸富町山領の県道で、自営業の50代男性をワゴン車ではねて殺害しようとした疑い。男性は頭の骨を折るなど3カ月の重傷を負った。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、容疑者(70)は事件当時までに、男性に数千万円を貸していた。金銭トラブルから、男性の保険金で穴埋めをさせようとしたとみている。

 事故当時は容疑者(65)が現場にいて「私がはねました」と話し、容疑者(70)はいなかった。容疑者(65)は男性と面識はなかった。

 男性から後日、「命を狙われた」などと警察に相談があり、捜査していた。

 容疑者(65)と容疑者(70)は知り合いで、犯行に及ぶ前に共謀し、男性の手足を縛り現場に連れていったとして、5月10日に逮捕監禁容疑で逮捕された。県警は「他に共犯者がいる可能性があったため、当時は発表を控えた」と話している。

最終更新:5/31(水) 20:13
佐賀新聞