ここから本文です

錦織 珍事で主審に抗議、ハプニングに負けず全仏OP初戦は逆転勝ち<男子テニス>

5/31(水) 6:09配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、21歳のT・コキナキス(オーストラリア)に逆転勝ちして3年連続6度目の初戦突破を果たした第8シードの錦織圭は珍事に見舞われた。

【錦織vsシャーディ 1ポイント速報】

この日、第1セットで錦織が打ったボールがフレームショットになり、高く打ち上がった。しかし、ラリーが続くも、ボールボーイはアウトだと勘違いして錦織へボールを投げてしまった。

これでプレーを妨げられた錦織はポイントのやり直しを主審に要求したが、コキナキスのポイントとなった。

苦笑いでこのハプニングを受け入れた錦織だったが、第1セットを落とす苦しい展開を強いられた。その後は世界ランク9位の力を発揮し、4-6, 6-1, 6-4, 6-4で初戦突破。試合時間は3時間1分だった。

試合後の会見では「最後の方は心地良かった」と終盤で手応えを感じていた。

2回戦は、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でも対戦した世界ランク74位のJ・シャーディ(フランス)と顔を合わせる。両者は今回が8度目の対戦で、錦織の5勝2敗。

tennis365.net

最終更新:5/31(水) 7:24
tennis365.net