ここから本文です

新型カムリがスマホ化!? トヨタが最新コネクテッドカー技術を搭載へ

5/31(水) 21:31配信

オートックワン

今年夏、北米仕様の新型カムリやレクサスから世界各地で順次搭載

ついに、量産化が決定した。しかも搭載されるのはトヨタの世界戦略車、新型カムリからだ!

トヨタの挑戦!新型カムリを写真でチェック(画像41枚)

トヨタは、リナックス協会が開催した『オートモーティブ・グレード・リナックス(AGL)サミット』(2017年5月31日~6月2日、於:カンファレンスセンター東京有明)で、AGLベースのインフォテインメントプラットフォームを2017年夏に北米で発売されるカムリを筆頭に、レクサスなどに順次搭載することを発表した。

日本でも今夏、新型カムリが発売されるが、AGLの搭載についてトヨタ関係者は「北米で先行し、随時各国での搭載を考慮している」と語っており、日本の新型カムリでの搭載も視野に入っていることを明らかにした。

また、別のトヨタ関係者はレクサスへの搭載について「新しい技術は高級車から導入するというのが、トヨタの王道」と説明した。

本サイトを含めたネット上では、新型カムリに関する情報への興味が極めて高いため、トヨタの最新コネクテッドカー技術が搭載されることで、新型カムリに対する関心はさらに高まる可能性がある。

AGLとは、リナックス協会とは何か?

一般ユーザーにとって、AGLという言葉は聞き慣れないはずだ。

なぜならば、AGLは自動車メーカーにとって電子領域の開発で重要視される技術であるため、筆者の予想としては日本版の新型カムリの商品カタログでも、AGLに関する記載はないと思う。

しかし、一般ユーザーにとって、AGLの恩恵は計り知れない。端的に言えば、車載アプリがスマホのアプリの様に、短期間で書き換えることができるようになる。

ではここで、「AGLとは何か?」を説明したい。

AGLとは、車載器で『インフォメーション(情報)とエンターテインメント(娯楽)を融合させた”インフォテインメント”』について、自動車メーカー、自動車部品メーカー、電機メーカー、半導体メーカーなど自動車産業に直接かかわる約100社が参画する”オープンソース”を協議する組織体だ。その母体が、リナックス協会だ。

では、リナックス協会とは何か?

リナックス協会とは、スマホのアンドロイドフォンに使用されているソフトウエアを構成するコードなどの基本的なルールを普及させるための非営利団体である。

では、どうしてAGLがリナックス協会と組んだのか?

そのきっかけは、Google(現在の親会社はアルファベット)がリナックスをベースに独自開発したOS(オペレーティング・システム)のアンドロイドを、カーナビや音響システムなどの車載器で事実上の標準化であるデファクトスタンダードを狙う動きを活発化させたからだ。

そもそもアンドロイドは、携帯電話やスマートフォンなど通信端末向けとして開発されたが、これをクルマ向けに使うことになると、ソフトウエアのプログラミングルール作りはグーグルが主導権を握ることになる。

これに対して、自動車メーカーが主体となって自動車向けとした最適なインフォテイメント系のソフトウエア開発を進めようとするのが、AGL発足の意義である。

1/2ページ

最終更新:5/31(水) 21:31
オートックワン