ここから本文です

【MLB】ジーター氏らのマーリンズ買収に“黄信号”!? 投資家Gからブッシュ氏離脱か

5/31(水) 13:07配信

Full-Count

方向性の違いでブッシュ氏が離脱か

 元ヤンキースの主将デレク・ジーター氏らが参画する投資グループのマーリンズ買収に“黄信号”が灯っている。同投資家グループから元フロリダ州知事のジェブ・ブッシュ氏が離脱したと地元テレビ局「CBSマイアミ」電子版が伝えた。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 イチロー外野手、田澤純一投手らが所属するマーリンズに関しては以前から球団の身売り話が持ち上がっており、一時は複数の米メディアがジーター氏らを含む投資家グループへの球団売却で基本合意したとも報じていた。

 しかし「CBSマイアミ」はこの投資家グループに問題が持ち上がった様子をレポート。記事によると、関係者は「ジェブは(グループから)離れた。ジーターはまだ参画している」と説明しており、ブッシュ氏が方向性の違いにより撤退すると伝えている。

 記事ではその理由について「当初の計画ではジーターがベースボールの部分でのオペレーションを仕切り、ブッシュ氏がチームのビジネス部門を取り仕切ることになっていた。だが、最近の会談で、ジーターはもっと大きな役割を求めていることが明らかになったため、ブッシュ氏は交渉からの撤退に傾いた」と説明している。

 一方で記事ではMLBのロブ・マンフレッドコミッショナーがタグ・ロムニー氏らの投資グループとジーター氏のグループの入札額がほぼ同額だったと明かしたことも紹介しており、ジーター氏らは今回の一件で劣勢に立たされているようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:5/31(水) 13:12
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/22(水) 3:40