ここから本文です

2015年以来、3試合目をプレーしたコキナキスは錦織に敗退 [全仏テニス]

5/31(水) 12:02配信

THE TENNIS DAILY

 フランス・パリで開催されている「全仏オープン」(5月28日~6月11日/クレーコート)の大会3日目、男子シングルス1回戦。

錦織が初対戦のコキナキスを4セットで退け2回戦へ [全仏オープン]

 タナシ・コキナキス(オーストラリア)は、ここ2年で初のグランドスラム大会での勝利に、あと一歩及ばなかった。

 コート1で行われたこの試合で、第8シードの錦織圭(日清食品)は激しく戦わなければならなかったが、それでも結局、4-6 6-1 6-4 6-4でコキナキスを倒した。

 将来を嘱望される21歳のコキナキスのキャリアは、2015年12月、手術を必要とする肩の故障のため、頓挫することになった。この日の試合は彼にとって、それ以来3つ目のシングルスの試合に過ぎなかった。

 錦織は次のラウンドで、ジェレミー・シャルディ(フランス)と対戦する。シャルディはランキングこそ74位のベテランだが、先のデビスカップの立役者ともなったクレー巧者。過去の対戦成績では錦織が5勝2敗でリードし、昨年のクレーでのバルセロナを含め、ここ4対戦では錦織が勝っている。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: PARIS, FRANCE - MAY 30: Thanasi Kokkinakis of Australia plays a forehand during the mens singles first round match against Kei Nishikori of Japan on day three of the 2017 French Open at Roland Garros on May 30, 2017 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:5/31(水) 12:02
THE TENNIS DAILY