ここから本文です

【MLB】イチロー今季中に現役1位“陥落”も 安打数猛追のベルトレが復帰&迫る偉業

5/31(水) 13:32配信

Full-Count

復帰のベルトレ、通算3000本&今季中の現役最多安打“イチロー超え”も

 レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ内野手が29日(日本時間30日)のレイズ戦で故障者リスト(DL)から復帰した。右ふくらはぎ痛で開幕からDL入りしていたが、今季初出場で1安打をマーク。30日(同31日)も1安打を放ち、メジャー通算2944安打として、史上31人目の3000安打まで56本とした。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 再び離脱することがなければ、今季中の大記録達成は確実。そして、その先に視野に入るのが、“イチロー超え”の現役トップ浮上だ。昨季、史上30人目の通算3000安打を達成したイチロー外野手(マーリンズ)は、現在3041安打。その差は現地29日時点で「97」となっている。

 歴代6位の通算3465安打を誇っていたデレク・ジーターが2014年限りで、現役引退し、通算3115安打のアレックス・ロドリゲス(元ヤンキース)も昨季ユニホームを脱いだため、イチローは現役トップに立っていた。27歳でメジャーデビューし、今年17年目のシーズンを迎えている43歳が1位に立っていることはまさに“偉業”だが、20年目のベルトレが猛追している。

 19歳でメジャーデビューし、今年4月に38歳となったベルトレは、全く衰えを見せていない。メジャー通算445本塁打、1571打点を誇る強打者は、2013年に自身初のリーグ最多安打となる199本をマークすると、その後も178安打(14年)、163安打(15年)、175安打(16年)と安定してヒットを積み重ねてきた。12年の194安打も含めて、最近5年でシーズン平均181安打を放っている。

 今季は開幕から51試合を欠場。レンジャーズが111試合を残した段階での復帰となったが、ベルトレが怪我の再発などがなく最近5年間の平均ペースでヒット数を積み重ねれば、今季は124安打となる。あくまで予測だが、開幕前の2942安打と合わせて、シーズン終了時には3066安打まで積み上げると算出できる。

1/2ページ

最終更新:5/31(水) 17:03
Full-Count