ここから本文です

来季は何処へ? ミランのドリブラー、将来について語る

5/31(水) 12:32配信

theWORLD(ザ・ワールド)

レンタル先だったワトフォードのオファーは拒否か

今冬の移籍市場でワトフォードへレンタル移籍したフランス人FWエムバイェ・ニアングは、本来の所属先であるACミラン復帰を望んでいるようだ。

今季開幕戦からミランの攻撃の中心としてスタメンに名を連ねてきたニアングだが、PKを連続で外すなど昨年末から徐々にコンディションを落し、出場機会が減少。すると、今年1月にワトフォードへのレンタル移籍が発表され、自身初のプレミアリーグ参戦が決まった。新天地ではリーグ戦16試合に出場し、2ゴール2アシストを記録。チームの主力として移籍後全試合に出場したこともあり、ワトフォードへの完全移籍も噂されていた。

しかし、仏『L’EQUIPE』のインタビューに応じたニアングは「プレミアリーグでプレイすることは僕の夢の一つで、ここで自信を得ることができたし、進化することもできた。心から感謝しているよ」と述べつつ「でも、このクラブでは僕が望んでいることすべてを叶えることはできないんだ。個人的な理由だけどね。ディレクターも僕を買い取りたいと、ここ数週間熱心に接触してきてくれたよ。ワトフォードでの絶好の機会だと思う。でも、僕はここでの将来を考えることができないんだ。彼らが僕に失望しているのもよく理解しているよ」とコメント。来季以降の残留を完全否定した。

そして「すべてのオプションを検討するために、一度ミラノへ戻るつもりさ。そこで新たな所属先を考える。僕のキャリアにおいて素晴らしいクラブであるミランにとどまることができたらすごい嬉しいけどね」と現状や心境を明かしている。

はたして、ニアングは来季どのクラブでプレイするのか。自身が望むミラン復帰は叶うのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ