ここから本文です

日比野菜緒 複で全仏OP初戦突破、2時間超えの逆転勝ち<女子テニス>

5/31(水) 23:40配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は31日、女子ダブルス1回戦が行われ、日比野菜緒/ A・ロソルスカ(ポーランド)組がJ・ヤンコビッチ(セルビア)/ C・バンデウェイ(アメリカ)組を0-6, 7-6 (7-3), 7-6 (12-10)の逆転で下し、2回戦進出を果たした。

【錦織vsシャーディ1ポイント速報】

この日、1ゲームも取れずに第1セットを落とした日比野/ ロソルスカ組は、続く第2セットの第10ゲームでヤンコビッチ/ バンデウェイ組に2度のマッチポイントを与えるも、全てしのいでタイブレークへ。先にリードした日比野/ ロソルスカ組がこのセットを取り、セットカウント1-1に追いついた。

ファイナルセットでは、両組1度のブレークからまたもタイブレークへ突入。ヤンコビッチ/ バンデウェイ組に先にミニブレークを許したが、その後挽回し、最後は4度目のマッチポイントを取りきって勝利を手にした。試合時間は2時間19分。

2回戦では、第17シードのD・ユーラック(クロアチア)/ An・ロディオノワ(オーストラリア)組と対戦する。

日比野/ ロソルスカ組は、1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)にも出場し2回戦へ進出。

4月のアビエルトGNP保険オープン(メキシコ/モンテレイ、ハード、WTAインターナショナル)では、ダブルスでのツアー初優勝を果たしていた。

また、日比野は今大会のシングルスにも出場していたが、1回戦で第28シードのC・ガルシア(フランス)にストレートで敗れてグランドスラム初勝利とはならなかった。

今大会には、第18シードの穂積絵莉/ 加藤未唯組、奈良くるみ/ 尾崎里紗組、土居美咲/ チュアン・チャーユン(台湾)組、大坂なおみ/ M・プイグ(プエルトリコ)組、青山修子/ ヤン・ショウセン組が出場。穂積/ 加藤組は同日の1回戦でA・ムハンマド(アメリカ)/ T・タウンセンド(アメリカ)組をストレートで下して2回戦進出を果たした。

tennis365.net

最終更新:5/31(水) 23:40
tennis365.net