ここから本文です

間に合ったベイル「誰がスタートかなんて関係ない」

5/31(水) 21:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

イスコと先発を争うベイル

レアル・マドリードは6月3日、UEFAチャンピオンズリーグ決勝でユヴェントスと対戦する。決勝はウェールズのカーディフだ。

先月のエル・クラシコで怪我をし戦列を離れていたガレス・ベイルだが、決勝にはなんとか間に合ったようだ。ベイルが離脱中はイスコが代わりに入り、システムを変えながら上手く戦っていた。そんな中、イスコの活躍は素晴らしく、ベイルの先発出場は約束されていない。しかしベイルは誰が先発だろうと関係ないとクラブ公式サイトに語った。

「気分は最高だし、完全に回復したよ。特別な決勝で、歴史をもう1つ築くことができる。今年は怪我に苦しんだ。しかし毎日ハードワークをこなしたおかげで、戻って来れた。簡単ではなかったけど、乗り越えてみせたよ。もし怪我が影響でプレイできなかったら相当落ち込んでいただろう。先発かベンチか分からないけど試合を楽しむよ。イスコは素晴らしいプレイをしている。誰がスタートかなんて関係ない。最も重要なことは、チームとしていいプレイをすることだ」

チームとして戦うことを強調したベイルだが、母国で行なわれる決勝戦では1分でも多く試合に出場したいはずだ。ジネディーヌ・ジダン監督が選ぶスターティングメンバーに注目が集まる。

https://www.theworldmagazine.jp