ここから本文です

「待機児童ゼロ」 3年後ろ倒し

5/31(水) 7:38配信

ホウドウキョク

政府は、2020年度末までに「待機児童ゼロ」を目指すことなどを柱とする新プランをまとめ、安倍首相が31日、表明する。
政府は、「2017年度末までに待機児童ゼロ」を掲げて対策に取り組んできたが、目標達成が難しい状況となる中、これに代わる新たなプランを検討してきた。
新たなプランでは、「待機児童ゼロ」の目標を「遅くとも2020年度末まで」と、これまでより3年後ろ倒しする。
そのうえで、2018年度から2022年度までの5年間で、新たに32万人分の保育の受け皿を拡大することなどを柱としており、安倍首相は31日、新しいプランについて表明する予定。

最終更新:5/31(水) 7:38
ホウドウキョク