ここから本文です

巨大レンズ間近に 三浦・剱埼灯台の内部公開

5/31(水) 8:13配信

カナロコ by 神奈川新聞

 神奈川県三浦市南下浦町松輪の剱埼灯台の内部が27日、一般公開された。来場者は巨大なレンズを間近で見学し、東京湾の眺望を楽しんだ。

 市民有志らでつくる三浦史蹟名勝振興会が同灯台を「南下浦八景」の一つに選んだことを記念したイベント。ガイドは、灯台の魅力を発信するフリーペーパーの編集者の不動まゆうさんが務めた。

 同灯台は国内で7番目に古い西洋式灯台で、1871年に初点灯。内部には県内最大となる直径約2メートルのレンズが設置されており、約32キロ先まで光が届くという。

 一般公開は、同会の依頼を受けて横須賀海上保安部が企画し、家族連れなど計約140人が訪れた。横浜市の会社員女性(49)は「レンズを近くで見るのは初めてで、迫力があった」と話していた。