ここから本文です

さんま「ろ、6億円?」とうわずり声に

5/31(水) 20:00配信

Lmaga.jp

まだまだ知らない世界の人たちが登場して、その人たちの「実際はどうなのか?」をじかに聞いていこうという毎日放送のバラエティ番組『痛快!明石家電視台』の人気コーナー「実際どうなん!?」。6月5日の放送回では、「突然大金をつかんだ人6人」が登場。

【写真】「ホームレス中学生」の印税で月収が5000万円あったという麒麟・田村(毎日放送『痛快!明石家電視台』)

「ホームレス中学生」の印税で大金を手にした麒麟・田村をはじめ、競馬で万馬券を当てたシャンプーハット、アイデア商品の発明で儲けた主婦の石原匠子さん、LINEスタンプで大金を手にした暁人さん、さらに、宝くじで6億円が当たったという男性が登場し、客席がどよめく。さんまも「ろ、6億?」と声をうわずらせながら、「ええの?テレビに出ても?」と思わず心配。

「本の印税は次の月に入ってくる」という田村。いちばん多い時は「月収が5000万円。(明細を)みんなに見せて回った」。万馬券でそれぞれが儲けたシャンプーハット。「馬券を確認せなあかんのに、手がふるえて見えなかった」とこいちゃん。また「totoBIG」で6億円が当選した男性は、売場で高額当選を知り、「まわりが全員犯罪者に見えた」と、当時のドキドキ感を語る。

手にした大金で「父親に家を買ってあげた」という田村、「1レースで100万円勝負した」てつじに対し、toto男性の買い物は破格のスケール。さんまでも「無理!」という彼の豪遊ぶりとは? この模様は6月5日・23時58分から放送される。

最終更新:6/2(金) 17:56
Lmaga.jp