ここから本文です

獅子舞とみこし行列始まる 富山で山王まつり

5/31(水) 15:43配信

北日本新聞

 日枝神社(富山市山王町)の「山王まつり」の獅子舞とみこし行列が31日始まり、市中心部を練り歩いた。1日まで。

 山王まつりのみこしは1690(元禄3)年、富山藩2代藩主の前田正甫(まさとし)が2基を寄進したのが始まりとされる。

 みこしを先導する獅子舞は午前7時半に神社を出発。県内の愛好者でつくる「獅子舞愛好会」(中林幸一代表)の22人が太鼓や横笛を奏でながら、商店や施設でにぎやかに披露した。

 みこし行列は、平尾旨明宮司ら神職が氏子の元を訪れ、祝詞を奏上して家内安全や商売繁盛を祈願した。

北日本新聞社

最終更新:6/14(水) 12:03
北日本新聞