ここから本文です

昨季に続き、広島戦4連敗…先発・野上好投も打線は「チャンスで1本が…」

5/31(水) 8:00配信

ベースボールキング

 史上初の佐賀県出身監督対決第1戦は広島・緒方監督に軍配。西武は昨季に引き続き、広島戦4連敗となった。

 この日は、辻監督と広島・緒方孝市監督が同じ佐賀県出身であることから『佐賀さいこう!同郷監督対決!』と銘打って開催。練習前には、山口佐賀県知事に加え、辻監督の出身地である小城市の江里口秀次市長、緒方監督の出身地である鳥栖市の橋本康志市長が両監督を激励に訪れた。


 広島・薮田を前に、あと一歩が遠かった。初回、2死から浅村がヒットで出塁し、中村が四球で二、三塁と好機を作るも、栗山が空振り三振。2回、3回も得点圏に走者を進めたが、広島・薮田の好投に強力西武打線でも太刀打ちできなかった。「1、2、3回のチャンスで1本でればわからなかった。先取点が取れなかったことが敗因」と振り返った。

 先発・野上は8回途中2失点と試合を作るも「1球の怖さ」(辻監督)に泣いた。3回まではパーフェクトピッチングも、4回に丸の適時打で先制点を献上。8回には菊池に追加点を許して降板した。指揮官は「(野上)は頑張ってた。良かったですけど」と右腕を褒めたが、「2球目を打たれた。広島打線は技術がある。ああいう(甘い)球を見逃さすヒットにする」と相手打線に舌を巻いた。

 野上は「きょうは投げ切りたかった。先頭打者を出してしまったことは反省です。悔いの残るピッチングでした」と悔しさをにじませた。

 西武はこれで3連敗。指揮官は「(相手は)勢いある(昨季のセリーグ)チャンピオンだから。きょうの反省をあしたに生かしていかないと」気持ちを切り替えた。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/27(水) 5:50