ここから本文です

モータースポーツ直系の高性能版『キャデラックCTS-V』に初の限定車が登場

5/31(水) 17:00配信

オートスポーツweb

 キャデラック・レーシングの血統を受け継ぐ究極のスーパースポーツセダンとして、歴戦の中で培ってきたノウハウを注いで開発されたVシリーズ。その最高峰モデルである『キャデラックCTS-V セダン』に、ひときわ精悍なフォルムをまとった初の特別限定モデル『キャデラックCTS-V カーボンブラックパッケージ』が登場。6月3日より、国内限定4台の希少モデルとして発売される。

【画像】ラグジュアリーサルーンでありながら優れたスポーツ性能を発揮するキャデラックCTS-V

 北米を中心に開催されるIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップや、PWCピレリ・ワールドチャレンジなどを主戦場に、デイトナプロトやGT3規格のワークスカーを走らせてきたキャデラック・レーシングは、2004年からの11年間で5度のマニュファクチャラーズタイトルを獲得。

 そのモータースポーツで培ったノウハウとテクノロジーを体現する存在が、スポーツセダンの『CTS』および『ATS』で展開するVシリーズだ。

 最高出力649PS、最大トルク855Nmを発生する、キャデラックが誇るLT4型6.2リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載したスーパースポーツセダン『キャデラックCTS-V』の中で、カーボンファイバーエアロパッケージとRECARO製16ウェイパフォーマンスシートを装備するCTS-Vのハイスペックモデルとなる"Spec-B"をベースにチョイス。

 専用ブラッククロームグリルや、19インチ・アフターミッドナイトダークフィニッシュ・アルミホイール、ローグロス・カーボンファイバー・インテリアトリムを採用し、より精悍でレーシーなイメージを強調している。

 ボディカラーはセーブルブラックとクリスタルホワイト・トゥリコートの2色を設定。カーボンブラックパッケージとの組み合わせにより、ボディ全体をブラックで統一したアグレッシブなタイプと、ホワイトボディにブラックパーツのアクセントを効かせた個性とセンスが際立つタイプとし、いずれも鮮烈な存在感を放つ仕様となってる。

 また内装には、ジェットブラック/ジェットブラックアクセントのインテリアカラーとVカーボンファイバー・インテリアトリムを採用。上質感あふれるラグジュアリーな雰囲気の中にも、レーシーな要素を取り入れた独自の空間としている。

 国内導入全4台のうち、各色2台の内訳となり、価格は"Spec-B"より15万円アップの1490万円(税込)となっている。

GMカスタマー・センター:0120-711-276
受付時間9:00-18:00(年中無休)

[オートスポーツweb ]