ここから本文です

WEC第7戦富士6時間のチケットは6月1日販売開始。TGR応援席やピットウォークパスも

5/31(水) 20:33配信

オートスポーツweb

 富士スピードウェイは、10月13~15日に開催されるWEC世界耐久選手権第7戦『富士6時間耐久レース』の観戦チケットを、6月1日午前10時からオンライン、コンビニ、各種プレイガイド等で販売を開始する。

【2016年のWEC富士戦の様子】

 今季もトヨタTS050ハイブリッド、ポルシェ919ハイブリッドによる総合優勝争いをはじめ、LMP2の熱戦、ポルシェ、フェラーリ、フォード、アストンマーチンが戦うLM-GTEプロ等、見どころが多いWEC。6月のル・マン24時間でも熱戦が予想されるが、トヨタのホームコースで、お互いの意地をかけた戦いが見られるのが富士でのレースだ。

 そんなWEC第7戦富士の観戦チケットは、6月1日午前10時から販売開始。公式練習日を含む3日間入場が可能な観戦チケットは、指定エリアをのぞくグランドスタンドや、コースサイドの自由席エリアで観戦できる『前売観戦チケット(シングル・ペア)』をはじめ、パドックエリアに入場できる『パドックパス(ピットウォーク可)』、グランドスタンド上段の特別個室席『プラチナペアルームパス』と各種が販売される。

 また、地元戦のTOYOTA GAZOO Racingを応援する『TOYOTA GAZOO Racing 応援席(応援グッズ付き)』も6月1日から販売開始だ。

 指定席券は、メインストレートからTGRコーナー(1コーナー)のバトルが観戦できる『第1コーナーグランドスタンド指定席券』、ピット作業等も見ることができる『グランドスタンド2階指定席』、家族やグループで利用できる『グランドスタンドグループシート』、『グランドスタンドマルチスペース』を販売。また、ピットウォークパスやピットビル2階専用ラウンジでの観戦や、決勝レース前に行うグリッドウォークに参加できるなど、特典がついたVIPパッケージ『ル・マン スピリット・クラブパッケージ』も同時に発売される。

 今後、富士スピードウェイの大会公式サイト(http://fiawec-fuji.com/)では、参戦ドライバーのインタビュー、海外各地で行われているWEC情報、チケット情報などを随時掲載していくという。また、大会公式SNSでも情報が発信される。

Twitter:@fiawec_fuji
Facebook:@fiawec.fuji
ハッシュタグ:#wecfuji #6hFuji #wecjp

[オートスポーツweb ]