ここから本文です

ウミガメ紹介コーナーを設置 みなべ町の国民宿舎

5/31(水) 17:00配信

紀伊民報

 和歌山県みなべ町埴田の国民宿舎紀州路みなべは、同町山内の千里の浜に上陸して産卵するアカウミガメを紹介するコーナーを施設内に初めて設けた。

 千里の浜は全国有数のアカウミガメの産卵地として知られ、同施設としても年間2万人を超す宿泊客らに産卵の様子や保護の現状を知ってもらおうと、地下1階にある部屋にパネルや写真を設置し、カメの剥製も置いた。

 町内でウミガメの保護や調査などに取り組んでいる「みなべウミガメ研究班」の意見交換会に同施設の職員も出席し、それぞれの立場で協力しようと、ウミガメコーナーを設置することを提案した。パネルなどの資料は日本ウミガメ協議会などの協力を得た。

 千里の浜や保護活動の様子、ウミガメの生態の紹介、観察する時のルールなどを展示しており、宿泊客以外も入場できる。

最終更新:5/31(水) 17:00
紀伊民報