ここから本文です

輝が園児と交流 加賀、川北

5/31(水) 1:39配信

北國新聞社

 大相撲の輝(七尾市出身、高田川部屋、金沢市西南部中OB)は30日、加賀市熊坂町のたちばな乳幼児保育園を訪れた。輝は年長児27人と綱引きなどで交流し「元気をもらった」と笑顔を見せた。

 園児は合唱で訪問を歓迎し、綱引きで輝と対戦して勝利すると「やったー」と歓声を上げた。輝は園児一人一人が用意した色紙に手形を押したほか、園児の質問に「好きな動物はゾウ」などと答えて和ませた。

 9勝6敗で夏場所を終えた輝は「子どもたちに正々堂々真っ向勝負している姿を見せたい」と語り、番付上位へ静かに闘志を燃やした。輝は同市水田丸町の障害者支援施設カナンの園も訪問した。園児との交流に先立ち、加賀市役所で宮元陸市長と懇談した。

 輝は、川北町中島保育所も訪れ、園児19人と交流した。綱引きやジャンケンゲームを行い、6月1日が輝の誕生日であることから、交流の最後に手作りのメダルや歌がプレゼントされた。

 加賀市、川北町への訪問は、昨年6月に発足した輝関南加賀後援会が企画した。

北國新聞社

最終更新:5/31(水) 1:39
北國新聞社