ここから本文です

中小企業支援で連携 石川4信金、北陸税理士会

5/31(水) 1:34配信

北國新聞社

 石川県信用金庫協会加盟の4信金と北陸税理士会は30日、中小企業の支援に関する業務協力の連携協定を締結した。中小零細企業のサポートに向けた情報交換や経営相談会の開催などで協力する。

 のと共栄、北陸、鶴来、興能の4信金の理事長が税理士会の県内5支部長とそれぞれ覚書を交わした。金沢信金は既に税理士会と協定を結んでいる。

 金沢市のホテル金沢で行われた締結式では、県信用金庫協会の大林重治会長が「税理士のネットワークと信金の持つ情報を生かし、中小企業のスムーズな事業運営を後押ししたい」、北陸税理士会の平野豊会長が「事業承継が喫緊の課題であり、金融機関の支援を得て取り組んでいく」とそれぞれあいさつした。

 北陸税理士会は30日、金沢中央信用組合とも中小企業の支援に関する協定を結んだ。同組合の山口孝理事長が出席し、覚書に署名した。

北國新聞社

最終更新:5/31(水) 1:34
北國新聞社

Yahoo!ニュースからのお知らせ