ここから本文です

預かり資産1405億円に ほくほくTT証券、庵FG社長が方針

5/31(水) 1:34配信

北國新聞社

 ほくほくフィナンシャルグループ(FG)の個人投資家向け会社説明会は30日、金沢市のホテル日航金沢と富山市の富山第一ホテルでそれぞれ開かれた。庵栄伸社長=北陸銀行頭取=は今年1月に開業した「ほくほくTT証券」について、3月末時点で1048億円だった預かり資産残高を今年度中に1405億円に引き上げる方針を示した。

 グループの今期(2018年3月期)見通しについては、低金利下で厳しい収益環境が続くとの認識を示したほか、営業店の機械更新に伴い、北陸、北海道両行で70億円程度のコスト増が見込まれると説明した。

 今年3月末の自己資本比率が9・43%に低下したことに関しては劣後債325億円を償還した結果だとし、「自己資本の中身は良くなっている。劣後債は再来年に残る400億円を返済する」と述べた。

 野村証券の西澤隆投資情報部長が講演した。

北國新聞社

最終更新:5/31(水) 1:34
北國新聞社