ここから本文です

決勝ゴールで森脇の目には涙「僕の幼稚な発言でたくさんの迷惑を…」

5/31(水) 22:34配信

SOCCER KING

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16・セカンドレグが31日に行われ、浦和レッズは済州ユナイテッド(韓国)と対戦し、延長戦の末3-0で勝利し、2戦合計スコア3-2でベスト8進出を決めた。

 114分に決勝点を決めたDF森脇良太が、試合終了後にインタビューに応じている。

 試合を振り返って森脇は「どんな勝利よりも、今日の勝利というのはどんな喜びにも代えることができない、それくらい嬉しい気持ちです。本当に皆さんのサポートのおかげで今日は勝利することができました。ありがとうございます!」とコメント。ファンへの感謝を表した。

 そして、森脇の目には涙も。自身の暴言問題を巡って騒動を引き起こしたこともあり、このゴールには思うところもあった様子。「すみません、サポーターの皆さんには、僕の幼稚な発言でたくさんの迷惑をかけてしまったんですけど、でもその中でも練習場にサポーターの方が来てくれて『どんなことがあってもお前を支える、ついていく』とそういう温かい言葉をくれましたし、フロント・スタッフも僕がサッカーをできるように一生懸命サポートしてくれたんで、何としてもここで終わるわけにはいかない、このラウンドで終わるわけにはいかないと、そういう思いで今日は戦ったんで、とにかく勝つことだけが僕らに求められている使命だったんで、それを成し遂げられて良かったです」と話し、この試合に懸けていた意気込みを明かしている。

 最後に森脇は、2007年以来のアジア制覇に向けて抱負を語った。

「アウェイで厳しい戦いで負けはしましたけど、どんな選手もどんなサポーターも諦めることなく今日のゲームに臨んだんで、その力が今日のパワーとなって勝利を生んだんじゃないかなと。まだまだ厳しい道はありますけど、必ず一つ一つ前進して、頂点を目指して、戦っていきたいと思います」

SOCCER KING

最終更新:5/31(水) 22:34
SOCCER KING

Yahoo!ニュースからのお知らせ