ここから本文です

世界を相手にしても「やられた印象はあまりない」 藤谷壮が手に入れた“自信”

5/31(水) 6:07配信

ゲキサカ

[5.30 U-20W杯決勝T1回戦 U-20日本 0-1(延長) U-20ベネズエラ 大田]

 背番号2なら必ず止めてくれる――。そう思わせるほどU-20日本代表DF藤谷壮((神戸)の守備は安定していた。突破を狙う対面のFWアダルベルト・ペニャランダやMFジェフェルソン・ソテルドが幾度となく仕掛けてきたが、決して焦ることなく対応。体をねじ込んではボールを奪い取り、日本の右サイドにフタをした。

 グループリーグ第2節ウルグアイ戦で先発出場していた藤谷は、手応えを得ていた。「守備でついていける感覚があった。1対1で簡単には負けなかったと思うので、自信になった」。世界を相手にしても十分に通用する。自信を胸にピッチに立った決勝トーナメント1回戦ベネズエラ戦では、ウルグアイ戦以上のパフォーマンスを見せ付けた。

 スタート時からマッチアップした7番のペニャランダは「右足でカットインしてくるのはスカウティングで分かっていて、そこを警戒した」と突破を阻み、左サイドに回ってくることの多かった10番のソテルドは「両足を使えてちょこちょこする苦手なタイプだけど、うまく対応できた」と1対1を冷静に制す。無暗に飛び込まずに相手の動きを見極め、ギアを上げて突破を仕掛けてきた瞬間に体を寄せてスピードをダウンさせると、一気に体をねじ込んでボールを強奪し続けた。

 本人も実感していた。「自分で振り返ってみても、1対1でやられた印象はあまりなかった」と語るように、自サイドを崩される場面はほぼなく、「このレベルでも個人的には無理だという感じはなく、世界でもやれる、通用する部分があった」と守備面では大きな自信を手に入れた。

 しかし、守備でパワーを使ったことで、攻撃面では納得のいかない部分が多かった。「敵陣深くまで攻め上がる回数が少なかったし、その後のクロスの精度はかなり低かった。精度の高いクロスを身に付けないといけないし、もっとチャンスメイクをしていかないとダメですね」。世界を相手にして感じられた収穫と課題。今後は「チームでまずはレギュラーを取れるように、コツコツと頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓う。

最終更新:5/31(水) 6:50
ゲキサカ