ここから本文です

グリエーズマンがマンU移籍を決断、クラブに今夏退団を志願と英紙

5/31(水) 10:35配信

ゲキサカ

 アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン(26)がついに決断したようだ。クラブに退団を申し出たと、英『インディペンデント』が報じている。

 マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が報じられているグリエーズマンは先日、その移籍の可能性について「10段階の6」だと答えていた。その一方で残留を匂わせるなど、今夏の移籍を決めかねている様子だった。

 しかしついにグリエーズマンはトランスファー・リクエストを出して自分の意思を明確にしたという。もちろん移籍先はユナイテッドとみられており、アトレティコが設定したグリエーズマンの違約金(移籍金)8700万(約123億8000万円)を支払う用意もあるようだ。この額は昨夏、ユベントスから復帰したMFポール・ポグバの移籍金に匹敵する。

 ユナイテッドは他の補強にも関わってくるため、グリエーズマンの取引を6月末まで終わらせたいと考えているようだ。

最終更新:5/31(水) 10:35
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合