ここから本文です

メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+発売!価格は1774万円・新機能「ドリフトモード」などを採用

5/31(水) 16:54配信

オートックワン

メルセデス・ベンツはAMG E 63 S 4MATIC+を5月31日より発売した。価格は1774万円(消費税込)。

このニュースのフォトギャラリー

「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC+」の心臓部には、メルセデスAMG社が完全自社開発したスポーツカー「メルセデスAMG GT」と基本設計を共通とするAMG 4リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載される。

メルセデスAMGが独自開発したこれらの最新技術により、E 63 S 4MATIC+は排気量が1.5リッター少なくなったにも関わらず、最高出力612PS(450kW)(先代比+27PS/+20kW)、最大トルク850Nm(先代比+50Nm)を発揮する。0-100km/h加速3.4秒(先代比-0.2秒)とセグメントトップ*1の動力性能を実現した。

*1 2017年5月時点 自社調べ

◆エクステリアデザイン

フロントはAピラーより前方を専用デザインとしたスポーティな印象に。メルセデスAMGのセダンとして初めて、ボンネットをフェンダーとバンパーの内側にはめ込む、クーペ的なデザインを採用しており、これによってまったく新しい、そしてよりダイナミックな造形になっている。よりパワフルなエクステリアを演出する通常のEクラスよりもワイドなフェンダーは、フロントのトレッド拡大とホイール大型化に対応したもの。

新しいフロントグリルは、AMGのロゴをあしらったシルバークロームのツインルーバーと縦向きのブラックフィンを採用。

ジェット機の翼のデザインをモチーフにした幅広いフロントエプロンは、ブラックのフリックと大型フロントスプリッターを備えることで、E 63 S 4MATIC+が発揮する強大なパワーを表現すると同時に、高い冷却機能を備えている。これはモータースポーツで培った技術の転用であるとともに、エンジンが生み出す強大なパワーを象徴するデザインとなっている。

伸びやかなサイドビューで特に目を惹くのは、フェンダーに飾られたシルバークロームのアローシェイプの装飾。「V8 BITURBO 4MATIC+」と立体的に示すことで、卓越した駆動システムであることをを強調している。サイドスカートは地上高をいっそう低く、全体のラインを長く見せる効果をもたらしている。

また、E 63 S 4MATIC+には、前9.5J×20、後10J×20のセンターロックホイールデザインを採用した「マットブラックペイント20インチAMGクロススポークアルミホイール(鍛造)」を標準装備した。

力強いリアエンドには、トランクリッドに設けられたシャープなボディ同色AMGトランクリッドスポイラーリップやディフューザー風のインサートを備えたリアスカート、AMGパフォーマンスエグゾーストシステムに装着されるデュアルツインクロームエグゾーストエンド、リアスカートにシルバークロームのトリムストリップが飾られている。

1/2ページ

最終更新:5/31(水) 16:54
オートックワン