ここから本文です

SMBC日興:元モルガンS幹部を欧州金融市場部門の統括責任者に

5/30(火) 11:48配信

Bloomberg

三井住友フィナンシャルグループは欧州の金融市場部門を強化するため、米モルガン・スタンレーで投資適格債券トレーディング部門の共同責任者を務めていたイザベラ・マホニー氏を欧州全域の金融市場部門の統括責任者に起用する。入社は来月12日付。

SMBC日興証券広報担当の田中慶氏が採用の事実を確認した。田中氏によると、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)などで政治的リスクは増しているものの、欧州では低金利下にある日本の投資家などからの資金運用ニーズは引き続き強いと同社はみており、採用などにより態勢を強化していく方向という。

マホニー氏は英国のグループ会社で欧州の既発債売買を手掛けるセールス・トレーディング部門24人を統括することになる。欧米金融機関が国際規制の強化を受け債券業務を縮小する中、人材の受け皿となりながら陣容を拡大する。SMBC日興の3月末時点の海外要員は1年前より12%増の480人だった。

グループ中核の三井住友銀行の高島誠頭取は3-5年をめどに欧州のほか、米国、アジアの融資・債券業務の引き受けランキングでトップ10入りを目指す方針を表明している。ブルームバーグのデータによると、三井住友FGは16年の欧州債券の引き受けランキングで41位。15年は52位だった。

Takako Taniguchi, Finbarr Flynn

最終更新:5/30(火) 11:48
Bloomberg