ここから本文です

「(たぶん)絶対に食べたことがない」究極の唐揚げイベント、6月に開催/東京

5/31(水) 16:37配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2101

2017年6月6日(火)・7日(水)、東京都世田谷区の二子玉川ライズにて、唐揚げ対決イベント〈あごだしチャレンジ2017〉が行われます。

【写真で見る】「(たぶん)絶対に食べたことがない」究極の唐揚げイベント、6月に開催/東京

あごだしチャレンジとは、福岡の〈久原醤油〉が〈あごだしつゆ〉の魅力とおいしさをお伝えすべく敢行するもの。あごだしつゆにつけ込んだ「あごだし唐揚げ」と、贅の限りを尽くした「究極の唐揚げ」を無料配布し、一般のお客さんにどちらがおいしいかを決めてもらいます。

究極の唐揚げには、全国53種類の銘柄鳥・地鳥のなかから選びぬいた青森の〈青森シャモロック〉、福岡県郊外だけで販売されている寒仕込みの〈木樽熟成 久原醤油〉、高知県〈黄金しょうが〉の絞り汁、無農薬・無肥料でつくられた「究極の薄力粉」、日本のオリーブ栽培発祥の地でつくられる〈小豆島オリーブオイル〉などが使われるそう。

対する「あごだし唐揚げ」は、ふつうに手に入る鶏肉をあごだしつゆにつけ込んだだけのもの。これはもしかしたら「究極の唐揚げ」に軍配が上がる可能性も…!? 何とも思い切ったイベントです。

「あごだし」は、焼いた飛び魚(焼きあご)からとっただしのこと。博多では縁起のいい食材として古くから親しまれてきました。時速50キロメートル以上のスピードで海上を飛ぶ飛び魚の体は脂肪分が少なく引き締まっているため、澄んだ黄金色で臭みのない、上品な風味の味になるといわれています。一説によると、「あご」という名前の由来は「あごが落ちるほどおいしい」からといわれているのだとか。

久原醤油の中川鉄兵さんは今回の対決を前に、次のように語ります。

「ふつうに手に入る鶏肉を万能つゆ〈あごだしつゆ〉につけるだけで、あごだしのうまみが効いて、驚くほどおいしくなる。そんな唐揚げの革命児が、この唐揚げです。
よりおいしいあごだし唐揚げを求めて、久原醤油では1秒~72時間まで50種類のつけ込みテストをおこないました。その結果辿り着いたベストなつけ込み時間は28分。
今回の試食対決ではあごだしつゆを愛する全九州の人々と久原醤油の全社員の期待を背負って、身近で手に入る食材だけで究極の唐揚げに挑みます!」(中川さん)

当日は、二子玉川ライズ・ショッピングセンター「ガレリア」に来店したお客さん(各日250名限定)にどちらがおいしい唐揚げかを審査し、投票していただきます。勝敗の結果は公式サイトにて発表とのこと。唐揚げ好きの方は、ぜひチェックを!

information
究極の唐揚げVSあごだし唐揚げ味比べ試食イベント〈あごだしチャレンジ2017〉
開催日:2017年6月6日(火)・7日(水)
時間:12:00~ ※無くなり次第終了
会場:二子玉川ライズ・ショッピングセンター「ガレリア」
住所:東京都世田谷区玉川2-21-1
主催:株式会社 久原醤油
Web:あごだしチャレンジ2017 久原醤油


writer profile
Yu Miyakoshi
宮越裕生
みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。