ここから本文です

山田涼介、『鋼の錬金術師』引っさげLA・パリ・東京のワールド弾丸ツアー決定

6/1(木) 11:00配信

cinemacafe.net

主人公・エド役に山田涼介を迎え、弟・アルはリアルなフルCGで描く『鋼の錬金術師』。このほど、山田さんや曽利文彦監督が北米最大の「第26回アニメエキスポ」、フランスの日本文化の祭典「第18回ジャパンエキスポ」に相次いで登壇することが決まった。

【画像】『鋼の錬金術師』イメージカット

大好きだった亡き母を生き返らせようと、幼い兄弟は錬金術最大の禁忌(タブー)を犯した。2人の“錬成”は失敗し、エドは左脚を、アルは身体全部を代価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドはとっさに、自身の右腕と引き替えにアルの魂だけを錬成し、なんとか近くにあった鎧に定着させる。やがて、鋼鉄の義肢をつけた身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと旅を続けるエドを、人は“鋼の錬金術師”と呼んだ――。

原作は、月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2001年から2010年に渡り連載された荒川弘による国民的人気コミック。シリーズ全世界累計7,000万部超の大ベストセラーであり、2003年と2009年にTVアニメ化、2005年と2011年には劇場アニメが公開された。連載中に妊娠・出産を経験した原作者の荒川さんが、「いつかわが子に読ませたい」との思いを込め描き続けたエドとアル兄弟の冒険ストーリーは、いまもなお絶大な人気を博している。

すでに各国からの問い合わせや、最新予告のYouTube再生回数が380万回を突破するなど、多くの反響がある本作。世界中からの熱烈オファーに応えるため、このたび、6月30日からアメリカのロサンゼルス・コンベンション・センターにて開催される北米最大の日本アニメとポップ・カルチャーのイベント「第26回アニメエキスポ」、そして7月6日からフランスのパリ・ノール・ヴィルパントにて開催される「第18回ジャパンエキスポ」にて、チーム“ハガレン”の参加が決定。

世界初公開となる本編フッテージ映像をひっさげ、7月3日(現地時間)、主人公エド役の山田さんと曽利監督が「アニメエキスポ」の舞台に登壇。そして、7月7日(現地時間)には、兄弟の幼なじみウィンリィ役の本田翼も加わり、3人で「ジャパンエキスポ」に登壇する。山田さんが、映画での海外イベントに参加するのは初めて。アニメ・漫画の実写映画化作品でキャストたちが参加するのも、両エキスポとも史上初となり、“ハガレン”の世界的人気を象徴する形に。両エキスポでは3,500~4,000人収容の最大キャパシティのステージを提供されるなど、異例の待遇を受けているという。当日会場では、海外メディアの取材にも対応する予定だ。

加えて、先日発表された7月12日(水)に開催される「“ハガレン”ファンイベント」にも、曽利監督と映画出演キャストが登壇。最新映像とキャラクタービジュアル解禁のほか、サプライズ発表も予定されているとか。さらに、アニメ「鋼の錬金術師」からはエド役の声優を務めた朴ロ美と、アル役の釘宮理恵の登壇も決定! 当日、“ハガレン”のコスプレをしてきた来場者には特典も用意されているという。

東京→LA(約8,825km)、LA→パリ(約9,098km)、パリ→東京(約9,730km)と、総移動距離はなんと約2万7,653kmに及ぶという “ハガレン”ワールドツアー。海外での反応が楽しみだ。

『鋼の錬金術師』は12月1日(金)より全国にて公開。

最終更新:6/1(木) 11:00
cinemacafe.net