ここから本文です

読まれる文章には「ゴール設定」と「ターゲット設定」が重要(第1回)

6/1(木) 7:06配信

Web担当者Forum

“>>> 文章を書くのがうまくなりたい!
<<<”

とつぶやいた友人に私は、次のように言い、その方法を教えました。

“>>> 次々に読まれる文章を書くコツ、教えてあげるよ。
<<<”

そのアドバイスを注意深く聞いていた友人は、後日、興奮して報告してくれました。

“>>> 文章を書くのが本当に楽しくなってきた。ブログのPVも3倍になっちゃったよ。ありがとーっ!
<<<”


私が何を伝え、彼がいったい何をやったのか? これから4回の連載で、「次々読まれる文章を書くコツ」を解説していきます。1回目の今回は、次の3つについて紹介します。

・文章を書くとき「ゴール設定」していますか?
・その文章は「誰」のために書いていますか?
・文章を一気に書こうとしていませんか?

 

文章を書くときゴール設定していますか?

文章を書くとき、「どう伝えようか?」という自分への質問とともに、“あなたが書きたいこと”を書いていませんか?「そんなのあたりまえだろ!」と怒られてしまうかもしれませんが、それではダメなんです。

「どう伝えるか?」よりも重要なことがあります。それは、「どう伝わるか?」です。なぜなら、前者は主役が自分なのに対して、後者は相手(読み手)が主役となるからです。

日記などのパーソナルなものを除いて、文章は基本的に読み手ありき。だからこそ、「どう伝えるか?」よりも「どう伝わるか?」の方が重要なのです。

しかし、「どう伝わるか?」でもまだ不十分。それよりも大切なことがあります。それは、「相手に伝わって、その相手の感情や行動がどのように変化したらいいか?」というゴールを設定することです。

読み捨てられる文章ではなく、あなたの文章が共感され、意味を持つためには、それが相手の感情や行動を変化させ、相手とあなたが今より少しでも良くなること、あるいは「読んでよかった!」になることが大切です。

文章を書くことによって、あなたが得たいゴールを設定することが重要です。しかし、仕事やビジネスにおいては、当たり前のようにするゴール設定が、「文章を書く」ときには、すっかり忘れ去られてしまうのは、驚くことです。

ちなみにこの記事にも「ゴール設定」があります。「この記事の内容があなたに伝わって、あなたの感情や行動がどのように変化したらいいか?」という質問に対する私の答えは、「文章作成がふっと軽くなり、いますぐ文章を書きたくなってほしい」です。

文章を書く前にゴールを決める。まずは、これを意識してみてください。

 

1/4ページ

最終更新:6/1(木) 7:06
Web担当者Forum