ここから本文です

【UFC】マクレガー、メイウェザー戦実現すれば引退か?

6/1(木) 12:46配信

イーファイト

 ボクシングで前人未到の“無敗で五階級制覇”を成し遂げ、一昨年のマニー・パッキャオとのドリームマッチでは2人あわせて360億円ものファイトマネーを稼いだフロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)。

【フォト】シャドーボクシングをする動画をInstagramにアップし、やる気満々のマクレガー

 メイウェザーはその後、一昨年9月のアンドレ・ベルト戦を最後に引退したが、彼の復帰戦の相手として名前が挙がっているのがコナー・マクレガー(アイルランド)だ。

 マクレガーは世界最高峰の総合格闘技団体『UFC』で史上初の同時二階級制覇を成し遂げ、昨年メインイベントを務めたUFCの3大会で、すべて130万件超のペイ・パー・ビュー(有料視聴)契約をたたき出しているMMA(総合格闘技)のスーパースター。

 マクレガーはすでにカリフォルニア州のボクシング・ライセンスも取得し、まもなく“格闘技の聖地”ラスベガスを擁するネバダ州の同ライセンスも発行される模様だ。また、専属契約を結んでいるUFCとも、メイウェザーとのボクシングマッチに関する合意契約を結んだ。そしてメイウェザーの方も、「マクレガーとの試合が実現する可能性は90%だ」と明言した。

 そのマクレガーが、メイウェザーとの試合後、引退する可能性があるという。UFCの社長であるデイナ・ホワイトが、スヌープドッグが司会を務めるGGNニュースに出演して語った。

「この試合が実現すれば、コナーは6000万ドル(66億円超)~7000万ドル(77億円超)稼げるだろう。そうしたら、800万(8億8千万円超)~900万ドル(9億9千万円超)のために試合をする気になるだろうか?」とホワイト社長は言う。

「彼はこれが一度しかないチャンスだと理解していると思う。彼は頭がいいからね。だが、もう試合はしないかもしれないよ。格闘技ビジネスでは、ハングリーでなくてはならない。ハングリーでなくてはね。だが、自分の銀行口座に7500万ドルがあるのに、毎朝起きて、(練習で)殴られに行く気になるのは、簡単じゃないと思う」

 いまだかつてない大金を手にしてしまえば、戦う気持ちが消えてしまう可能性もあるというわけだ。

 ホワイト社長はマクレガーが「今年中に2試合やりたい」と言っている、と以前にインタビューで語っており、マクレガーもSNSでこれを肯定するツィートをした。つまり、メイウェザー戦が実現すれば、その後もう1試合をUFCで戦う可能性も秘めている。

PHOTOS
UFC:By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images
Boxing:NAOKI FUKUDA/WOWOW(c)

最終更新:6/1(木) 12:46
イーファイト