ここから本文です

「フェラーリは16週間分先を行っている」とメルセデスのボス

6/1(木) 18:55配信

TopNews

メルセデスAMGを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)が、今季はフェラーリの方が自分たちよりもいいクルマを作り上げてきたと認めた。

【動画】フェラーリ、後味悪い完全勝利/F1モナコGP決勝レース・ハイライト映像

現行パワーユニットが導入された2014年から昨年まで3年間にわたって絶対的な強さを示し、ドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルを独占してきたメルセデスAMGだが、今年は現時点においてどちらもフェラーリに先行を許している。

ヴォルフは、現在の状況について『Suddeutsche Zeitung(ズードイチュ・ツァイトゥング)』に次のように語った。

「我々が知るところでは、フェラーリは非常に早い段階で、2015年の12月から(2017年仕様の)クルマの開発を始めていたようだ。我々がそれを開始したのは2016年3月だった」

「そのころには、フェラーリはすでに50%以上のリソースを新車の方につぎこんでいたんだ」

そう語ったヴォルフは、次のように付け加えている。

「フェラーリは我々より16週間分前に行っているね。そしてそれだけの時間があればコンマ4秒か5秒短縮できるだけのダウンフォースを得る方法を見つけることもできるよ」

最終更新:6/1(木) 18:55
TopNews