ここから本文です

<おもちゃショー2017>ソニーが体感型玩具「toio」お披露目 レゴとコラボも

6/1(木) 11:25配信

まんたんウェブ

 ソニーの体感型玩具「toio(トイオ)」が1日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の玩具見本市「東京おもちゃショー2017」(日本玩具協会主催)のソニーの発表会でお披露目された。別売りの対応タイトルと組み合わせることで、直接玩具を触りながらアクションゲームやパズルゲームなどを楽しむことができる“トイ・プラットフォーム”で、白いキューブ型の“ロボット”をコントローラーで操作するなどワイヤレスで動かして遊ぶことができる。12月1日に発売予定。

【写真特集】白いキューブが動く…… 「toio」を紹介

 「toio」は、位置センサーを搭載しモーター内蔵により動き回ることのできる白い小型ロボット「toio コアキューブ」2台、キューブの動きを制御するリング型のコントローラー「toio リング」などで構成された「toio コンソール」(オープン価格、市場推定2万円前後)がメインセット。別売りの、レゴ製品などを組み合わせて遊ぶことができる工作バトルゲームやパズルなどが入った「トイオ・コレクション」(同、5000円前後)や、紙とキューブで生物のような作品を作ることができる「工作生物 ゲズンロイド」(同、4000円前後)などの「toio」対応タイトルをセットして、リングを手に持ってキューブを操作するなどして遊ぶことができる。対応タイトルは今後、さまざまな企業とコラボして順次拡大していく予定。

 キューブは、本体の「toio コンソール」に、各対応タイトルに付属するカートリッジを差し込むことでさまざまな動きをすることが可能。キューブを操作してぶつけ合うバトルなどを楽しむことができるほか、キューブに尺取り虫のような動きをさせて楽しむこともできる。対応タイトルには、キューブが位置センサーで位置を読み取ることができる専用のマットが付く。

 「東京おもちゃショー2017」は、2日までは関係者向けの商談見本市で、3、4日は一般向けに公開される。入場無料。

最終更新:6/1(木) 16:35
まんたんウェブ