ここから本文です

2016年度の宅配便は40億個を超える可能性。トラック宅配便取扱個数は39.5億個

6/1(木) 9:31配信

ネットショップ担当者フォーラム

宅配便の2016年度取扱個数が40億個を超えそうだ。

国土交通省が実施したトラック輸送に関する実態調査によると、2016年度のトラック輸送による宅配便の取扱個数は前年度比7.3%増の39億5689万個。

例年、取扱個数が4000万個前後で推移している航空等利用運送を合算した宅配便取扱個数は40億個を超える可能性がある。

トラック輸送による宅配便の月間取扱個数の増加率(前年同月比)は約3~12%で推移。すべての月で前年同月を上回り、特に2016年10月以降は10%前後の高い増加率が続いた。

月別の取扱量は年末に向けて増加する傾向が見られ、12月は約4億6000万個と最も多い。最も少ない8月は約3億個。

国交省は50台以上のトラックを持つ事業者の中から指定事業者を対象に、輸送量や稼働日数などを毎月調査している。

□ 航空便を含むと40億個突破の可能性も

国交省が2016年7月に公表した2015年度の宅配便取扱個数(トラック輸送と航空便などの合計値)は、前年度比3.6%の増37億4493万個。

ネット通販の利用拡大などに伴い、年度ごとの取扱個数は増加基調にある。過去10年で約8億個も増加しており、配送業界における人出不足の一因になっている。

航空便などを利用した取扱量は毎年4000万個前後で推移している。2016年度はトラック輸送だけで39億5000万個を超えているため、航空便などを含めると合計40億個に達した可能性もある。

Yahoo!ニュースからのお知らせ