ここから本文です

1日限りの野外レストラン 利賀に一流シェフ集う

6/1(木) 11:40配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 富山市に店を構える5人の料理人が、南砺市の食材を生かしたフルコース料理を提供する1日限りの野外レストランが31日、同市利賀村上畠の瞑想(めいそう)の郷(さと)にオープンした。県内外から来店した50人が、新緑の山々に囲まれた開放的な空間で独創的な料理を堪能した。

 利賀の魅力発信に取り組む一般社団法人ナントライフ(野原一司代表理事)が、フランス料理店レヴォの谷口英司さんと連携して企画。谷口さんと、呼び掛けに応じたフランス料理店カーヴ・ユノキの柚木栄樹さん、イタリア料理店ひまわり食堂の田中穂積さん、日本料理店海老亭別館の村健太郎さん、日本料理店御料理ふじ居の藤井寛徳さんが腕を振るった。富山市のワインショップカーヴ・ロンドの浅野大輔さんが選んだドリンクを提供した。

 「利賀村天然岩魚(いわな)とこしあぶらの煮こごり」「行者にんにくのタリオリーニ」など、地元産食材をふんだんに使った料理が運ばれ、来店客は風や小鳥のさえずりも感じながらじっくりと味わっていた。