ここから本文です

【ACL】浦和・槙野 乱闘騒ぎで追い回されるも「無事」を報告

6/1(木) 12:01配信

東スポWeb

 サッカーJ1浦和の槙野智章(30)が1日、ツイッターを更新。アジアチャンピオンズリーグ(ACL)で試合終了後に乱闘騒ぎとなり、相手チームの選手に執拗に追い回されたが「無事」であったことを報告した。

 浦和は31日、ACL決勝トーナメント1回戦・第2戦で済州(韓国)とホームで対戦。第1戦はアウェーで0―2の敗戦を喫したが、この日は延長戦の末に3―0で勝利。2戦合計3―2で9季ぶりの8強入りを決めた。

 大逆転で浦和が激戦を制した一方で、試合終盤からピッチは修羅場となった。延長後半に済州のサブ選手がベンチから飛び出し、MF阿部勇樹(35)にエルボーを食らわすと、試合後も済州の選手はペットボトルを投げつけたり、浦和イレブンに体当たりと暴挙を連発。さらにDF槙野智章(30)を執拗に追い回すなど大荒れの展開となった。済州には試合後も含め3枚のレッドカードが出された。

 まさかの“暴挙”に遭った槙野は試合後にツイッターを更新し「私は、無事だ」と身の安全を報告した。

 またインスタグラムでは試合後のロッカールームで、チームメイトと喜びを爆発させた写真を投稿し「勝ちました!信じる気持ち、諦めない気持ち。みんなで掴んだ勝利!ありがとうございます!」とコメントを添えた。

最終更新:6/1(木) 12:43
東スポWeb