ここから本文です

プログラムが学べる子ども向けモデリングソフト「ぶろっくめーかー」

6/1(木) 12:50配信

アスキー

「ぶろっくめーかー」はCGのブロックを積んで遊べる子ども向けモデリングソフト。作った作品をプログラムで動かせ、プログラミング学習にもつながる。

 アンドールはプログラミング学習・3Dモデル作成ソフト「ぶろっくめーかー」の最新版を発売中。価格は1ライセンス3240円。
 
 対象年齢が5歳からの遊び感覚で使える、子ども向け3Dモデル作成ソフト。最新版のVer2.0では、2020年度に小中学校で必須化される「プログラミング授業」に対応する学習機能を追加。コマンド(命令文)を視覚化してつなぎ合わせることで、簡単にプログラミングを学べる。また、世界50ヵ国以上で展開する知育SNS「Creatubbles(クリエイタブルズ)」と連動し、作成した3D作品をそのままグローバルに公開できる。
 
 同社は6月1日から3日の3日間、東京ファッションタウンビルで開催される「NEW EDUCATION EXPO 2017」と、16日・17日の2日間、大阪マーチャンダイズ・マートで開催される「NEW EDUCATION EXPO 2017 in OSAKA」に出展。ぶろっくめーかー最新版の機能を紹介する。
 
 
文● 天野透/ASCII

最終更新:6/1(木) 12:50
アスキー