ここから本文です

小平、今平ら8選手が首位に並ぶ大混戦 初日は1打差に19人ズラリ

6/1(木) 18:22配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 初日(1日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(茨城県)◇7384yd(パー71)

【画像】どうしたタイガー?あの謝罪会見からまだ栄光を取り戻せていない

ツアープレーヤーNO.1の称号をかけて争われる今季国内メジャー第2戦が開幕した。ラフが厳しいメジャーセッティングもあって、初日から大混戦模様。2013年大会優勝者の小平智、今季好調の今平周吾、武藤俊憲、中島徹ら8選手が4アンダーで首位に並んだ。

初日首位の人数が8人となったのは、昨年の「RIZAP KBCオーガスタ」などに続く国内男子ツアー最多タイ記録。1打差の3アンダー9位には、前週の欧州ツアーの旗艦大会で3位に入った谷原秀人ら11選手が続いた。

前年優勝の塚田陽亮は1オーバーで40位発進。国内男子で現在賞金トップを走る宮里優作は、3バーディ、4ボギー1ダブルボギーの3オーバーで73位と出遅れた。前週大会を途中棄権した70歳の尾崎将司は9オーバーで、中嶋常幸と並んで123位。