ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)和田アキ子:4 歌う女番長アコ、17歳で転機

6/1(木) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■歌手・和田アキ子

 家出しても、寝る場所も食べる場所にも困りませんでした。友だちの家や安ホテルを転々としていたんです。むしろ「日本一の女ヤクザになったる」と本気で思っていた。中途半端なことは大嫌いな性格なんですよ。
 当時、大阪の「西成(にしなり)」という地区に入れ墨の筋彫りをする名人がいて、私としては背中に観音様を入れてほしいという気持ちでいっぱいでした。藤純子さんが演じたような任侠(にんきょう)映画の渡世人にあこがれていて。でも当時のお金で38万円だったかなあ。私が考えていた以上のお金。いまなら100万円以上? とても工面できないのでやめました。……本文:1,561文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社