ここから本文です

「Open Source Summit」でMSが語った2つのオープン技術

6/1(木) 12:00配信

アスキー

「Open Source Summit Japan 2017」で日本マイクロソフトは、「Azure App Service on Linux」と「Operations Management Suite」の2つのAzureサービスを紹介した。
 The Linux Foundationは5月31日~6月2日、都内で「Open Source Summit Japan 2017」を開催している。これまで「LinuxCon」、「CloudOpen」、「ContainerCon」として開催されていた3つのイベントを2017年からOpen Source Summitとして統合。Linux、コンテナー、クラウドのオープン技術に関する多くのセッションが予定されている。
 
 ゴールドスポンサーとして同イベントに参加した日本マイクロソフトは5月31日、「Azure App Service on Linux」と「Operations Management Suite」を2つのセッションで紹介した。
 
アプリ開発PaaSでネイティブLinuxをサポート
 Azure App Serviceは、WebアプリケーションやWeb API、モバイルバックエンドをAzureにホストするPaaS。2016年10月に、ネイティブLinuxをサポートするAzure App Service on Linuxのプレビュー版がリリースされた。
 
 米マイクロソフト プリンシパル ソフトウェアエンジニアのNazim Lala氏は、Azure App Serviceについて、「アプリケーションのソースコード管理、ABテスト、(Azure Traffic Managerと組み合わせた)パフォーマンス管理などの機能をフルマネージドのPaaSとして提供し、開発者がインフラを気にせずにアプリ開発に集中できる環境を用意する」と紹介した。
 

1/2ページ

最終更新:6/1(木) 12:00
アスキー