ここから本文です

「ゴジラ対コング」監督にハリウッド版「デスノート」のアダム・ウィンガード

6/1(木) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 米レジェンダリー・ピクチャーズと米ワーナー・ブラザースが展開する“モンスターバース”の集大成「Godzilla vs. Kong(原題)」の監督が、「サプライズ」「ザ・ゲスト」などの新感覚ホラーサスペンスで注目を集めるアダム・ウィンガードに決まったと、米ハリウッド・レポーターが報じた。

 レジェンダリーとワーナーは2014年の「GODZILLA ゴジラ」を皮切りに、ゴジラとキングコングという銀幕の2大モンスターを主軸とする“モンスターバース”の構築を進めてきた。今年3月に公開され、全世界興収5億6500万ドルの大ヒットを記録した「キングコング 髑髏島の巨神」の後には、「GODZILLA ゴジラ」の続編「ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)」(19年5月22日全米公開予定)が控えている。同作は、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン主演で、現在撮影中だ。

 「Godzilla vs. Kong」の脚本は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズで知られるベテラン、テリー・ロッシオを筆頭に、パトリック・マッケイ、J・D・ペイン(「スター・トレック BEYOND」)、リンジー・ビアー、キャット・バスコ、T・S・ノーリン(「メイズ・ランナー」シリーズ)、ジャック・パグレン、TVシリーズ「バビロン5」のクリエイター、J・マイケル・ストラジンスキーらそうそうたる顔ぶれが、一丸となって執筆にあたっている。

 ウィンガード監督は、「ABC・オブ・デス」(13)や「ザ・ゲスト」(14)、「ブレア・ウィッチ」(16)などの低予算ホラーサスペンスで徐々に頭角を現し、今最もホットな若手監督の1人としてハリウッドの大手スタジオから引っ張りだこの存在。Netflix製作によるハリウッド版「デスノート」を撮り終えたばかりだ。ゴジラとキングコングをはじめとするモンスター映画の大ファンだと公言しているウィンガード監督が、2大モンスターのガチンコバトルをどう料理してくれるのか楽しみだ。

 「Godzilla vs. Kong」は、20年5月22日全米公開予定。

最終更新:6/1(木) 12:00
映画.com